デンマーク代表 ユニフォームの『デザインコンセプト』

サッカーデンマーク代表の歴代ユニフォームのデザインコンセプトと言うなら、デンマークの国旗を絶対忘れられないものですよ。常識として多くのサッカー代表のチームユニフォームの基調あるいは主なカラーが自分国の国旗の色から決定したものですね。もちろん、ほかの例としては日本イタリアの青、ドイツの白があります。

デンマーク代表は例ではないから、サッカーデンマーク代表のホームユニフォームはデンマークの伝統的な赤を基調にデザインしました。デンマークの国旗ダンネブロ (Dannebrog) と呼ばれ、赤地に白のスカンディナヴィア十字を描いた旗です。伝説では1219年6月にヴァルデマー2世がエストニア軍とリュンダニの戦いの最中、空から降ってきたとも、ローマ帝国皇帝からこの旗を授かった処、それまで苦戦していた戦いが形勢逆転し勝利したとも伝えられています。この旗は北欧諸国でよく使われる、「スカンディナヴィア十字」の基ともなりました。

サッカーデンマーク代表 赤のホームユニフォームでパンツは白、ソックスは赤にしています。

サッカーデンマーク代表歴代ユニフォームサンプル一覧:https://en.wikipedia.org/wiki/Denmark_national_football_team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です